最新の記事
1980'S GERMAN ..
at 2019-02-17 10:00
1980'S GERMAN ..
at 2019-02-17 09:00
Aetaのウエストポーチ
at 2019-02-16 09:11
STAND-UP WIDE ..
at 2019-02-15 10:17
新型シルエット
at 2019-02-14 10:57
記事ランキング
カテゴリ
LINKS
chalt(チャルト)
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名1-3-52マウンテンハウスⅢ 101
TEL:092-725-0454
カテゴリ:山内( 41 )
山内リブ















毎シーズン即完売してしまう
山内リブを仕様した
ジップジャケット












b0163746_17381709.jpg

















2019も間違えなく即旅立ってしまうだろう














b0163746_17420680.jpg












一着のリブにかけた手間と時間
約5時間を費やした山内リブ















b0163746_17414854.jpg












袖口でご説明していただくと
生地でリブを包み
リブの溝を一本一本テンションを保ちながら
ステッチで縫い合わせています
何百ものステッチをミシンでたたき
アトリエ内で全て手作業で
一着のリブを完成させています
見ているだけでも
うっとりしてしまう程の芸術です















b0163746_17482152.jpg















山内さんしか出せない表情は
表地は遠州産の先染めコットン二重織り
シーズン問わず人気の山内オリジナルの
定番として使用している
超高密度生地で乾いた表情と
紙のような質感が特徴です
先染めならではの色味で
経糸緯糸の変化で
角度により表情が変わります














b0163746_17532724.jpg












滑りのよいエクセラZIPを採用し
ほぼ全て日本製のものを使うディテールも
山内さんらしいのではないでしょうか


















b0163746_17561805.jpg













これ以上の言葉はいらない一着です














山内
リブ付き・ジップジャケット
color black
price ¥100,000+tax















by chalt0302 | 2019-01-29 10:30 | 山内
連日寒いですね、、、、












連日寒い日が続きますね、、、、
私は寒いのは苦手です、、、、
そんな中で助かるヘビーアウター
年々注目度も上がっている
山内さんのコート
着用画像を撮りましたので
ぜひ見てみて下さい
















b0163746_14171691.jpg
















世の中に出回る生産数も少ない
大変貴重なアイテムは
今回デザイナー自身が
力作と言わせてしまうほどの
二度と同じものが発表されないコート
何といっても普段から慣れ親しんだコットンに
シルクとヤクをミックスさせることで
野暮ったさのあるミリタリー要素のあるコートを
上質な大人のコートに仕上げてくれたと思います














b0163746_14183086.jpg















表地は太番手のコットンスラブ糸を経に引き
緯糸にシルクを用いた
遠州産先染め高密度馬布を使用
異なる素材と異なる色の糸で織り上げることで
見たことのないような表情に仕上がります
少し光沢の感じられる部分がシルクの糸
マットな部分がコットンの糸
それぞれの色味が違うことで引き立ち
深さのある面白い印象になります

襟裳と袖口内側に使われているパイルは
今治産のタオルで有名な今治のパイルです
細かなお話にはなりますが
タオルを織る織機は耳があり
今まで洋服を仕立てることは出来ませんでしたが
特別に幅広の洋服地として可能な織り方で
また暖かい肌触りになるように
ヤクの毛を混ぜております
生まれながらに暖かい毛を持っており
寒さを凌いで生きる限られた生き物です
そのパイルを真っ黒に
しかも天然のもので黒に染めるために
費やした時間は年単位にも及びます
当たり前のように黒地に黒パイルですが
沢山のプロの職人さんのご協力のもとで
本人念願のコートが
日の目に見ることが出来ました














b0163746_14192935.jpg
b0163746_14193998.jpg
b0163746_14195073.jpg
















中綿が化学繊維が主流の中
滅多に使われることなのない
シルク100%という高価な使用は
薄くて暖かいというデータが出ており
保温性に優れた特性をもっています
デザイナー自身は表地に
シルクの糸を使用していることで
見えない部分にも統一した
素材を用いたのだと思います
コレクションの顔を飾るコートだからこそ
スペシャルな中綿を
このコートのために制作しております

存在感とは裏腹に軽さにも驚かれる方も多いですよ















山内
コットンシルクバフ・マッキーノコート
色 ブラック
値段 160,000円税抜
表地 綿55% 絹45%
中綿 絹100%
襟 綿86% 毛(ヤク)14%
裏地、袖裏 綿70% ポリエステル30%














by chalt0302 | 2019-01-27 14:20 | 山内
病み付きパンツ(着用画像)














穿かれた方はフィッティングで
「あ」っと声が出てしまうほどの
中毒性の高い病み付きパンツ













b0163746_23490907.jpg












購入された方は口を揃えて
「他のパンツが穿けるかな」と
不安にさせてしまうほどの威力
ほぼ穿いている感覚のない
ストレスフリーな履き心地












b0163746_23510848.jpg
















オリジナルファブリックで製作された
東京産の強撚ウールを使用した
特殊組織のポンチは
ウール糸ですが肌に当たる部分は
チクチク感は一切なく
コットンと間違えてしまうほどの
強撚特有の落ち感と手触りで
秋口と春先など
中間季節に適した素材を採用














b0163746_23502104.jpg













他の洋服では
お目にかかったことのない
最大の魅力は特殊な組織により
カットオフ部分は使い込んでも
洗いをかけてもホツれることも無く
天竺の様に生地端が丸まることもない
不思議な繊維のニットファブリックです














b0163746_23523625.jpg













内側に別布を使用することで
本質を見抜かれたようなモノ作りは
芸術的そのもののバックポケットです














b0163746_23513543.jpg

















アトリエで全てのサンプルを作成している
山内ならではの独特な縫製も特徴です

ウールのおかれている環境や背景を考えて
すべてノンミュールシングを
採用した糸になっております

当たり前のものだからこそ
まだ感じたことのない
穿き心地は使い込むほどに
作りの良さを考えさせられる
1本に仕上がっております

この心地よさを知らない人は
本当に持ったない、、、、














山内
フリーカット強撚ウールポンチパンツ
色 Brown
値段 ¥40,000+tax
毛地 毛90% ポリウレタン7% ナイロン3%
サイズ 3














by chalt0302 | 2019-01-26 10:45 | 山内
限定感のあるお知らせ











純日本製のもの作りを基盤に
服を作られている
山内の服











b0163746_23265409.jpg












限定感のあるお知らせは
2018-19冬春コレクションは
発表のなかった長袖Tシャツ














b0163746_23291585.jpg












表地は上質な国産リネンニット
裏地には薄く肌触りのよい
コットン天竺を当てた
二重仕立てのカットソー











b0163746_23310860.jpg












ネイビーとチャコールグレイの2色展開











b0163746_23323594.jpg













リネンの編み地の下から
うっすらと裏にあてた
白地のニットが浮かび上がり
奥行きのある表情になります











b0163746_23381532.jpg











カジュアルなTシャツというアイテムですが
二重にすることにより
透けをなくし上品に仕立てています













b0163746_23384179.jpg












また季節問わず着用していただけ
自宅でも手入れしても着崩れの少ない
安定感抜群の長袖Tシャツです

どこでも買えない限定感のあるアイテムだけに
気になる方はお早めにご来店下さい








山内
二重仕立てリネンカットソー
color charcoal gray / navy
price ¥21,000+tax
size 2.3
表 麻100%(近江)
裏 綿100%














by chalt0302 | 2019-01-25 10:22 | 山内
スペシャル感のある一着














スペシャル感のあるお知らせ













b0163746_17190967.jpg














山内
二重仕立て・リネンシルクカットソー













b0163746_17202130.jpg














よく見て頂くと通常では
大変珍しい麻とシルクの
ヘリンボーン調のニットを表地に使用し
肌に触れる部分は着心地のよい綿素材を当てた
山内さん定番の二重仕立てのシリーズ















b0163746_17250018.jpg
b0163746_17250984.jpg













2018−19春では発表されなかった
何かと重宝する長袖Tシャツ















b0163746_17272407.jpg
b0163746_17273295.jpg















今までの定番モデルと比べ
ハリのある生地は山内さんがアトリエで
隠し持っていた秘密生地を
今回はスペシャル企画に使用した
摩訶不思議な仕立てになっております
何処でも買えないスペシャル感のあるアイテムだけに
きになる方はお早めにご来店下さい













山内
二重仕立て・リネンシルクカットソー
Color sax gray / smoke navy
Price¥21,000+tax
Size 2.3.4
















by chalt0302 | 2019-01-23 17:32 | 山内
シャツを着ている感覚さえ忘れてしまうほどのシャツ














何度届いても完売し続ける
山内の定番シャツ
サイズがかけておりましたNAVY
需要の多い3サイズのみが
再入荷しましたのでご紹介
















b0163746_16022278.jpg
















今では私が一番の虜なのかもしれない
表情のある和紙のような風合いは
山内さんの定番中の定番シャツ
ジャケットのように着用出来る
シーズンを問わない定番アイテムとして
ご好評頂いている有松塩縮加工リネンシャツ












b0163746_16040028.jpg
















一般的な工場生産が
困難な「くせとり」を多用し
アイロンワークによって
生地を動かし立体的に仕立てています
テーラリングの技術を使用することで
立体的に洋服がみえ
より綺麗に写し出させます














b0163746_16051939.jpg

















和紙のような風合いの表地は
名古屋の有松にて手作業による塩縮加工を
使用されることは多くなりましたが
山内の塩縮加工は量産向きに
考えられたものとは全く違い
近江産コットンリネンを使用する生地を
職人さんが一つずつ塩縮液につけ込み
風合いを見ながら
微妙に液の濃度を変え加工を施していきます
その後中和して何度も何度も
洗いをかけて風合いを増していきます
出来上がった生地は縦横約30%も縮まり
生地端は形状が変わり過ぎるため
 通常では使用出来ません
それ故に本来シャツを作るために
必要な生地分量の約3倍生地も使用しています













b0163746_16053566.jpg













使用出来る箇所の縮みを見ながら一着づつ
1パーツ、1パーツ裁断していき
裁断されたパーツの裏全てに
滑りのよいキュプラの綾織り生地をあてる
2重仕立てにすることにより
シワにより動きの出た生地のサポートとなります













b0163746_16085424.jpg















裏内されたパーツを縫い合わせ
3mm厚の本黒蝶ボタンを取り付け
ようやく一着のシャツが完成します
塩縮という技法はもともと
和服で使用されていたものですから
完成したシャツは何処か
「和」を感じさせ
山内お気に入りとして
一番しっくりとくるアイテムになります












山内
有松塩縮加工リネンシャツ(羽衿付き)
価格 35,000円税抜
表 麻50% 綿50%(近江)
(塩縮加工 / 二重仕立て)
裏 綿55% キュプラ45%












by chalt0302 | 2019-01-16 16:10 | 山内
コレクションの顔












山内のコートは年々注目度も上がっており
何処のショップでも完売
お問い合わせも多数頂きましたが
世の中に出回る生産数も少ない
大変貴重なアイテムは
今回デザイナー自身が
力作と言わせてしまうほどの
二度と同じものが発表されないコート
















b0163746_18241411.jpg















普段から慣れ親しんだコットンに
シルクとヤクをミックスさせることで
野暮ったさのあるミリタリー要素のあるコートを
上質な大人のコートに仕上げてくれたと思います














b0163746_18314971.jpg
b0163746_18320104.jpg
b0163746_18321540.jpg
b0163746_18414648.jpg
b0163746_18325813.jpg
b0163746_18330956.jpg











表地は太番手のコットンスラブ糸を経に引き
緯糸にシルクを用いた
遠州産先染め高密度馬布を使用
異なる素材と異なる色の糸で織り上げることで
見たことのないような表情に仕上がります
少し光沢の感じられる部分がシルクの糸
マットな部分がコットンの糸
それぞれの色味が違うことで引き立ち
深さのある面白い印象になります

襟裳と袖口内側に使われているパイルは
今治産のタオルで有名な今治のパイルです
細かなお話にはなりますが
タオルを織る織機は耳があり
今まで洋服を仕立てることは出来ませんでしたが
特別に幅広の洋服地として可能な織り方で
また暖かい肌触りになるように
ヤクの毛を混ぜております
生まれながらに暖かい毛を持っており
寒さを凌いで生きる限られた生き物です
そのパイルを真っ黒に
しかも天然のもので黒に染めるために
費やした時間は年単位にも及びます
当たり前のように黒地に黒パイルですが
沢山のプロの職人さんのご協力のもとで
本人念願のコートが
日の目に見ることが出来ました














b0163746_19001254.jpg
b0163746_19002687.jpg













中綿が化学繊維が主流の中
滅多に使われることなのない
シルク100%という高価な使用は
薄くて暖かいというデータが出ており
保温性に優れた特性をもっています
デザイナー自身は表地に
シルクの糸を使用していることで
見えない部分にも統一した
素材を用いたのだと思います
コレクションの顔を飾るコートだからこそ
スペシャルな中綿を
このコートのために制作しております

存在感とは裏腹に軽さにも驚かれる方も多いですよ















山内
コットンシルクバフ・マッキーノコート
色 ブラック
値段 160,000円税抜
表地 綿55% 絹45%
中綿 絹100%
襟 綿86% 毛(ヤク)14%
裏地、袖裏 綿70% ポリエステル30%














by chalt0302 | 2019-01-09 10:30 | 山内
企画ではなかった限定感のあるパンツ














企画ではなかった限定感のある仕様は
フリーカットパンツシリーズの
ドローコードタイプ
特別に1本のみですが届きました











b0163746_19335788.jpg















穿かれた方はフィッティングで
「あ」っと声が出てしまうほどの
中毒性の高い病み付きパンツ
購入された方は口を揃えて
「他のパンツが穿けるかな」と
不安にさせてしまうほどの威力
ほぼ穿いている感覚のない
ストレスフリーな履き心地です















b0163746_19353342.jpg













他の洋服では
お目にかかったことのない
最大の魅力は特殊な組織により
カットオフ部分は使い込んでも
洗いをかけてもホツれることも無く
天竺の様に生地端が丸まることもない
不思議な繊維のニットファブリックです














b0163746_19370270.jpg















生地自体に雰囲気があるため
表情を壊さないように
余分なステッチを施さず
前見返しの抑えステッチを
カンヌキミシンで留めただけの
シンプルなディテールです














b0163746_19380182.jpg













内側に別布を使用することで
本質を見抜かれたようなモノ作りは
芸術的そのもののバックポケットです

履き易さはアトリエで全ての
サンプルを作成している
山内ならではの独特な縫製も特徴です

ウールのおかれている環境や背景を考えて
すべてノンミュールシングを
採用した糸になっております

当たり前のものだからこそ
まだ感じたことのない
穿き心地は使い込むほどに
作りの良さを考えさせられる
1本に仕上がっております

この心地よさを知らない人は
本当に持ったないのではないでしょうか














山内
フリーカット強撚ウールポンチパンツ
ドローコード付き
色 Black
値段 ¥40,000+tax
毛地 毛90% ポリウレタン7% ナイロン3%
サイズ 3













by chalt0302 | 2018-12-28 09:40 | 山内
ドレープを纏う一枚














フリーカットのカットソーは
丸まったり、ほつれたりと
敬遠する方も多いのではないでしょうか












b0163746_17271344.jpg















山内さんのフリーカットは
丸まることも無く
ほつれることも無い
不思議なオリジナルファブリックは













b0163746_17293781.jpg













東京産の強撚ウールを使用した
特殊組織のポンチは
ウール糸ですが肌に当たる部分は
チクチク感は一切なく
コットンと間違えてしまうほどの
強撚特有の落ち感と手触りで
秋口と春先など
中間季節に適した素材を採用














b0163746_17301575.jpg












前回ご紹介させていただいた
フリーカット強撚ウールポンチパンツと
セットアップで着用可能です













b0163746_17330814.jpg














あまりお目にかかったことのない
最大の魅力は特殊な組織により
カットオフ部分は使い込んでも
洗いをかけてもホツれることも無く
天竺の様に生地端が丸まることもない
不思議な繊維のニットファブリック














b0163746_17335239.jpg












襟ぐり、袖口、裾まわりの
縫い代がないため
デザイナー自身が理想とする
自然な動きから生まれる
美しいドレープを最大限にいかした
一着になっております














b0163746_17370132.jpg















生地自体に雰囲気があるため
表情を壊さないように
フロントのラグランスリーブとは変わり
バックスタイルは
袖周りに切り替えしは無く
バックからセンターを切替える事で
よりすっきりとしたシルエットです












b0163746_17401017.jpg













何処か欠点がないかと探してしまうほどの
真っ直ぐに縫われたステッチに
圧倒されてしまうほど














b0163746_17435467.jpg











自慢したくなるほどの裏地は
表と間違えてしまうほどのレベル














b0163746_17451397.jpg














山内さんの洋服は
形崩れや負担のかかる部分の
デメリットの少ない
着用される方のことを
一番に考えた作りです

アトリエで全てのサンプルを作成している
山内ならではの独特な縫製も特徴です

ウールのおかれている環境や背景を考えて
すべてノンミュールシングを
採用した糸になっております

当たり前のものだからこそ
まだ感じたことのない
着心地は使い込むほどに
作りの良さを考えさせられる
1着に仕上がっております

この心地よさを知らない人は
本当に持ったないのではないでしょうか














山内
フリーカット強撚ウールポンチTシャツ
色 Black
値段 ¥32,000+tax
毛地 毛90% ポリウレタン7% ナイロン3%
サイズ 3.4













by chalt0302 | 2018-12-27 18:38 | 山内
有松塩縮加工リネンシャツ(羽衿なし)着用














今では私が一番の虜なのかもしれない
心地よいサウンドを聴いているような着用感
表情のある和紙のような風合いは















b0163746_23495002.jpg
















山内さんの定番中の定番
シャツとしても
ジャケットのように着用出来る
シーズンを問わない定番アイテムとして
ご好評頂いている
有松塩縮加工リネンシャツの着用画像












b0163746_23505430.jpg
















一般的な工場生産が困難な「くせとり」を多用し
アイロンワークによって
生地を動かし立体的に仕立てています
テーラリングの技術を使用することで
立体的に洋服がみえ
より綺麗に写し出させま














b0163746_23551867.jpg


















和紙のような風合いの表地は
名古屋の有松にて手作業による塩縮加工を
使用されることは多くなりましたが
山内の塩縮加工は量産向きに
考えられたものとは全く違い
近江産コットンリネンを使用する生地を
職人さんが一つずつ塩縮液につけ込み
風合いを見ながら
微妙に液の濃度を変え加工を施していきます
その後中和して何度も何度も
洗いをかけて風合いを増していきます












b0163746_13143408.jpg













出来上がった生地は縦横約30%も縮まり
生地端は形状が変わり過ぎるため
 通常では使用出来ません
それ故に本来シャツを作るために
必要な生地分量の約3倍生地も使用しています















b0163746_23522617.jpg















後ろ姿でみても使用出来る
箇所の縮みを見ながら一着づつ
1パーツ、1パーツ裁断していき
裁断されたパーツの裏全てに
滑りのよいキュプラの綾織り生地をあてる
2重仕立てにすることにより
シワにより動きの出た生地のサポートとなります













b0163746_23511920.jpg















裏内されたパーツを縫い合わせ
3mm厚の本黒蝶ボタンを取り付け
ようやく一着のシャツが完成します
塩縮という技法はもともと
和服で使用されていたものですから
完成したシャツは何処か
「和」を感じさせ
山内お気に入りとして
一番しっくりとくるアイテムになります












山内
有松塩縮加工リネンシャツ(羽衿なし)
価格 35,000円税抜
表 麻50% 綿50%(近江)
(塩縮加工 / 二重仕立て)
裏 綿55% キュプラ45%












by chalt0302 | 2018-12-25 10:48 | 山内