S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
温故知新
at 2019-01-19 18:57
80'S LEVI'S 51..
at 2019-01-17 11:30
シャツを着ている感覚さえ忘れ..
at 2019-01-16 16:10
Haruta
at 2019-01-15 10:45
YUKIMA - 雪間 -
at 2019-01-14 08:00
記事ランキング
カテゴリ
LINKS
chalt(チャルト)
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名1-3-52マウンテンハウスⅢ 101
TEL:092-725-0454
襤褸CAP














まだまだ洋服の奥行きに
ビックリさせられた
ここ数年「和」ものを使用すると
どうしても和イメージが強い
洋服はすごく多く感じる
ですが新ブランドは
日本の伝統的な「和」を
使用しているのに
ファッションとして普段着に使い易い
新ブランド"KUON"













b0163746_00254043.jpg















従来の大量生産・大量消費を
軸としたアプローチではなく
世界中に存在する
古着や古布の持つ歴史や
文化を取り入れながらも
その枠にとらわれず
時代が巡っても変わらない
理屈抜きのシンプルな格好良さを
追求することを
ブランドの真髄としています













b0163746_00263515.jpg













KUON
襤褸CAP
今回も特に高価な
コレクターズアイテムを採用した
襤褸(ボロ)は
今から約150から50年前の
古くは江戸時代後期に遡る
すべて一点ものの素材を
キャップに配した
シンプルながら印象的な一枚です











b0163746_00264390.jpg













今時代では考えられない
破れては継ぎ足し
大事に受け継がれてきたからこそ
存在する襤褸(ボロ)
昔の人たちが知恵と絞って生まれた
クリエティブなデザイン
欧米では人気の高い
襤褸(ボロ)をアートとして
鑑賞することがあり
キャップ一つでも
アートとしてみれる作品です

江戸から明治、大正、昭和
そして平成まで
長い月日が経った生地が
こんなにも大切に使われているのって
本当に素晴らしいですね












KUON
BORO CAP
COLOR 襤褸
PRICE ¥25,000+tax
SIZE FREE











by chalt0302 | 2018-08-25 09:19
<< UK 60'S SMA... 不思議なファブリック >>