お洋服とお店
by chalt0302
最新の記事
記事ランキング
カテゴリ
LINKS
chalt(チャルト)
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名1-3-52マウンテンハウスⅢ 101
TEL:092-725-0454
圧倒的な違い














山内の洋服は着用すると
忘れられなくなるほどの心地よさ
表情のある顔つきは














b0163746_14465607.jpg
b0163746_14472015.jpg












着用頻度の時期がとても多く
シャツとしても軽く
シャツジャケットのように
使用出来るため
通年の定番アイテムとして提案
山内さんの定番中の定番












b0163746_14500421.jpg
b0163746_14501918.jpg












本日も着用させて頂いている画像の白シャツ
私も購入させて頂いて半年
気も使わずタオルや他の洋服と
通常の様に洗濯機で一緒に洗い
また着ては洗うことで
表裏の表情が変わり
ふっくらと膨らんだような風合いや
塩縮のシワとリネン特有のシワが
さらにいい雰囲気に演出しています











b0163746_14464305.jpg










一般的な工場生産が困難な「くせとり」を多用し
アイロンワークによって
生地を動かし立体的に仕立てています
テーラリングの技術を使用することで
着用画像など無くても
立体的に洋服がみえ
平面での撮影がより綺麗に写し出させる
では本日もご説明させていただきます











b0163746_15190094.jpg











塩縮加工は
近年使用されることが多くなりましたが
山内の塩縮加工は量産向きに
考えられたものとは全く違い












b0163746_15222677.jpg












使用する生地を職人さんが一つずつ塩縮液につけ込み
風合いを見ながら微妙に液の濃度を変え加工していきます
その後中和して何度も何度も
洗いをかけて風合いを増していきます
出来上がった生地は縦横約30%も縮まり
生地端は形状が変わり過ぎるため使用出来ません
それ故に本来シャツを作るために
必要な生地分量の約3倍生地を使用します













b0163746_15231896.jpg
















今回は裏返しで写すことで解る
使用出来る箇所の縮みを見ながら一着づつ
1パーツ、1パーツ裁断していき
裁断されたパーツの裏全てに
滑りのよいキュプラの綾織り生地をあてる
2重仕立てにすることにより
シワにより動きの出た生地のサポートとなります











b0163746_15252093.jpg













裏内されたパーツを縫い合わせ
3mm厚の本黒蝶ボタンを取り付け
ようやく一着のシャツが完成します
塩縮という技法はもともと
和服で使用されていたものですから
完成したシャツは何処か
「和」を感じさせ
山内お気に入りとして
一番しっくりとくるアイテムになります










山内
有松塩縮加工リネンシャツ(羽衿なし)
価格 35,000円税抜
表 麻50% 綿50%(近江)
(塩縮加工 / 二重仕立て)
裏 綿55% キュプラ45%












by chalt0302 | 2018-05-17 10:41 | 山内
<< 夏のワンポイント 再入荷 70'S WR... >>