お洋服とお店
by chalt0302
最新の記事
見た目より温かい
at 2018-11-16 09:19
『モール糸』
at 2018-11-15 09:05
フサフサのぱんつ
at 2018-11-14 10:46
米国特殊部隊極寒地装装備にも..
at 2018-11-13 09:35
4千円値下がりしたコチラ
at 2018-11-12 15:19
記事ランキング
カテゴリ
LINKS
chalt(チャルト)
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名1-3-52マウンテンハウスⅢ 101
TEL:092-725-0454
再入荷 GERMAN TRAINER










一度履いてみませんか









b0163746_19112414.jpg










即完売しておりました
ブランド名もロゴもない
定番として愛され続けている
ジャーマントレーナーの再入荷









b0163746_19113945.jpg










比較的効率のみだけを考えた作りの
お手頃な価格で出回っているものは
ポーランドとスペイン製のものが多く
明らかな違いとしてはカップインソールであり
アッパーとソールの圧着が手作業ではない為
トゥの部分のスウェードが
滑らかな曲線ではないなど
比較すれば細かくでてくる
何より一度足を入れてみると分かる
履き心地の良さが一番の違いでもある









b0163746_19115829.jpg










今回は届いた70年代から94年まで
ドイツ軍で支給されていた
トレーニングシューズは
生産も旧チェコスロバキア圏の工場にて
当時と同じ機器を受け継ぎ
ラストやマテリアル
シューレースといった細部に至るまで
オリジナルのままの仕様と
製法で生産されたジャーマントレーナー

ミリタリーアイテムは
アップデートしながらも今の時代になお
フィットしながら取り入れられるものが多いが
コレだけは何も変わらない
そんな製品は他にはないのではないでしょうか
新品と約半年履き込んだものだけでも
比べてみると風合いの違いが
解りやすいでしょう









b0163746_19121694.jpg










ソールの内部はクッション性を確保するため
菱形の網目パターンになっており
人間工学に基づくクッションソールの為
負荷がかかりにくく

ヒールが高くトゥにかけて低い
傾斜形状も特徴である
アッパーとのソールの圧着は手作業である

手作業でBWソールを接着するなど
非効率な製法を継承
不変の良さがにじみでるシューズです

○ ルタンや○ディなどの
先鋭メゾンブランドが
コレクションに用いたのが
きっかけでファッションアイテムとして
広く注目を浴び
現在までのヨーロッパスニーカーは
ブランド名もロゴもない
スニーカーが定番として
愛され続けているのってスゴくないですか

今回も履き込んだスニーカーでご紹介しました
最後はスタッフ共に今なお履き込んでおります


インスタグラムでも
ご紹介させて頂いております
chalt instagram
ショッピングでも一部
ご紹介させて頂いております
chalt shopping
ぜひチェックしてみて下さい









再入荷
GERMAN TRAINER
1183
Color White
Price ¥18,800
Without tax
Size 37.38.39.40.41.42.43.44
Cow Leather
Made in Slovakia









by chalt0302 | 2017-01-07 19:12
<< YUKITSURI mountain JQ >>